ドアの前や一軒家の入り口前に必ずある表札・・・色々ひもといて行きましょう・・・

表札の豆知識

表札にまつわるお話

表札には意外に知られていないことがたくさんあります。そんな表札のことをよく知っていただくために色々とご紹介したいと思います。

表札は必ず出さないといけないのか?

表札は必ず出さないといけないのかというと、そんなことはありません。表札に関する法的な義務はありませんし、出すかどうかはあくまで住んでいる方の自由です。(家相学的には出したほうがいいんですけどね)
まあ、表札を出していないと郵便配達の人が困ってしまったり、人を招くにしても探すので手間取るかもしれませんけど、必ず出さないといけないわけではありません。
逆に表札を出さないほうがいいというケースもあります。例えば最近の流行で「ルームシェア」というものがあります。一つの部屋を何人かで家賃を共同で出し合って住む、という場合です。(ドラマなどでもよく見かけますね)
ルームシェア専門の不動産屋があったり、同居人募集サイトができたりとルームシェアに対する環境は変わってきてはいますが、この場合は注意が必要です。海外では多いようですが、まだまだ日本では大家さんが正式に許可をしている物件は少ないようです。そこで一つの部屋に何人分もの表札がでていると、契約的な問題になってしまいます。
賃貸契約時に「単身のみ入居可」とか、貸主の許可無く同居人を住まわせることを禁じている不動産は多数存在するのです。最悪の場合は強制退去を言い渡される可能性もあります。大家さんの許可を得ている場合でも、やはり近所の人や警察から不審に思われることがあります。「過激派や宗教団体が共同生活をしているのでは?」などと思う近隣の方々もいると思われますので^^;
表札は出すのも出さないのも自由です。どちらが良いのかご自信の意思で決定してください。


recommend

最終更新日:2018/3/9

↑ページ先頭へ